山本取締役社長が2018年度 環境経営学会 研究報告大会に登壇

5月27日 跡見女子大学文京キャンパスで開催された2018年度 環境経営学会 研究報告大会に弊社の取締役社長 山本が登壇しました。

 

 

 

 

発表内容は、『障がい者就労支援事業の展開による持続可能な社会形成への役立ち〜水草育成プログラムとレンタル水槽事業〜』

 

 

 

今、企業の社会貢献はCSRからサステナビリティへと移り変わっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

「障がい者の働きやすい配慮された職場は全ての従業員が働きすい職場環境である」

 

障がい者雇用とダイバーシティーマネジメントに関してを事業報告を通じてお話させていただきました。